千歳烏山|浜岡歯科クリニック・予防歯科センター|最適な医療環境で、最新の治療システムと予防システムをご提供いたします

HOME 予防システム フッ素塗布
歯科治療において、フッ素の効用・効果はご周知の通りだと思います。フッ素は毎日の食事を通して摂取される必須栄養素のひとつです。歯を強化する効果が最も高いとされ、世界各地で実証され利用されています。
フッ素の使用方法は、歯科医院での高濃度のフッ素を用いて行うプロフェッショナルケアと家庭で行う低濃度フッ素によるセルフケアです。その効果は、歯科医院でのクリーニング後やPMTC後に行うことで、よりフッ素の取り込みがスムーズになり歯質強化につながります。
フッ素を歯に作用させると、表面から取り込まれて、歯は丈夫になり、む し歯に対して抵抗力が強くなります。また歯の周りにフッ素があると、再石灰化を促進し、初期むし歯が補修されます。
フッ素の塗布は歯科医師・歯科衛生士が行います。歯科医院のフッ素塗布 では濃度の高いものを使用いたします。ご家庭では、毎日のフッ素入り歯磨き粉やホームジェルのご使用をお勧めいたします。
フッ素の安全性で問題になるのは、塗布時のフッ素の量です。一度に多量 のフッ素を誤飲したときに急性中毒を起こす量は、体重1kgあたり5mgとされています。(体重60kgの大人の場合:300mg、体重10kgの子供の 場合:50mg)歯科医院で一度に塗布する量大人の方で18mg~20mgで、中毒を起こす量では無いのでご安心下さい。
 
 
・塗布後30分飲食しない  すぐに物を食べてしまうと、歯牙への 浸透が阻害されます。
・セルフケア  セルフケアにより「毎日少しづつ」が、歯を強くします。
・プロフェッショナルケア  通常年2~3回を目安に塗られると効果的です。