千歳烏山|浜岡歯科クリニック・予防歯科センター|最適な医療環境で、最新の治療システムと予防システムをご提供いたします

HOME サージテル
     
裸眼での識別では、0.2㎜のものを見るのが限界です。
歯科治療において、どこまで細かく見る必要があるのでしょうか?
裸眼では発見の難しい、初期段階の破折線(外傷などによって割れたり折れたりした歯にできる線)が「見える」か「見えない」かによって治療の精度だけでなく、治療そのものが変わってきます。
 
そこで拡大鏡を使うことにより、裸眼では見えなかった小さな歯根の破折などを早期に発見でき、ひどくなる前に対処することができます。(歯根破折してから長い間放置すると骨の吸収が起こり、その後の処置が難しくなります。)
このように、裸眼では見えないものが見えることによって、質の高い精密な歯科治療を行うことが可能になります。
 
 
①仕上げが正確でキレイになり治療した部分も長く保つことができます
歯の治療は細かい作業。詰めたりかぶせたりという治療の仕上げのときに、わずかなすき間などが残ってしまう可能性もあります。そういう部分からまた悪化してしまうこともあるのです。
②歯の健康な分部をより多く残せます
虫歯になったところを削るときに拡大しながら治療すると、虫歯と健康な部分の境目がよく見えるので、削りすぎることがなくなります。
③最新の水準を満たす質の高い治療が受けられます
最新の歯科治療には、人間の目の限界を超えた精密さが求められます。そのレベルは、髪の毛の太さの半分を見分けるというもの。そんな細かい部分も、 テレスコープを使えば見極めるのはカンタンです。
④テレスコープで患部を拡大してしっかり見てくれるので安心です
先端の知識や治療技術があっても、見えていなければ経験や勘に頼って治療することになります。テレスコープを使っている歯医者さんなら、拡大した患部がしっかり見えているので安心です。