千歳烏山|浜岡歯科クリニック・予防歯科センター|最適な医療環境で、最新の治療システムと予防システムをご提供いたします

HOME 治療システム 位相差顕微鏡
健康な口腔内と歯槽膿漏(歯周病)の口腔内では、細菌叢に相違点が見られる事がわかっています。
浜岡歯科クリニックでは、位相差顕微鏡を使い、プラーク(歯の汚れ)を検査する事により、正確な細菌の状態を把握し、歯槽膿漏(歯周病)の進行状態や危険度を診断します。

健康な口腔内に存在する細菌は好気性球菌が多いが、プラーク (歯の汚れ)や歯石が沈着した歯や歯肉は、嫌気状態になり、運動性桿菌やスピロヘータ(強い病原性がある)が増えてきます。
 
 
 
 
健康歯肉と歯周病の細菌
運動性細菌
健康歯肉
 菌の量が少なく球菌が主体
ほとんどいない
初期歯周炎
 球菌が多数、桿菌も見られる
ほとんどいない
中期歯周炎
 運動性桿菌や紡錘菌が多い
やや観察される
重症歯周炎
 運動性桿菌や紡錘菌に加え、スピロヘータ
 が多く見られる
多く観察される
 
 
スピロヘータ・マクロファージ・好気性菌類
 
 

正確なブラッシングと歯科衛生士よるPMTC(専門家による機械を用いた歯のクリーニング)を定期的に行い、口腔内の細菌叢を健康な状態に保ちましょう。